のぼりの活躍の場

イベントでのぼりをよく見る場所

「イベントと言えばのぼり」というくらい、催しものに用いられることは多くあります。

よく見かけるイベントは、お祭り、初詣、七五三などの、神社やお寺など、不動産販売やワゴンセールの会場、バーゲンの時など、文化祭や体育祭、町おこしや、地域行事などでしょうか。

神社やお寺などでののぼりは、実は少し違った意味があり、古来より、神が降り立つ際の目印として使われています。

これは依り代と言い、神輿や山車と同じような役目です。

このような場合は、本染めのしっかりとしたものが用いられます。

不動産販売やワゴンセールの会場、バーゲンの時などに用いられるのは、普段はそこで販売などを行っていないため、知名度には頼れず、集客が難しいからです。

こういう場合は、より多くの人に知らせるため、大量に安くできるプリントがおすすめです。

文化祭や町おこしなどで用いられるのは、本来ののぼりの意味に最も近く、集客の意味はもちろん、それ以上に、闘志ややる気、団結心を高めるというのが目的になります。

この時は、手書きの物や手作りの物、または、共同でデザインしたのぼりを使うのがおすすめです。

のぼりを見る場所

のぼりと日本

のぼりの種類と特徴

のぼりが弱点を克服

運営者情報に関して

プライバシーポリシーについて

< 関連サイト・リンク >

日本帆布製品販売協同組合

Comments are closed.